LIFE LISTで、様々な暮らしの記事を見てみよう!あなたにぴったりの住まいを見つけよう!, バリアフリーを重視した暮らしの実現のためには、居室自体のバリアフリー構造に加えて、駅や街への移動しやすさが利便性を向上させることから、「エレベーター」の設備があり「バリアフリー」「駅徒歩5分以内」の条件を全て含む物件を集めました. 渡邊裕介. の4点です。 持ち家は老後生活に安心をもたらす?(イメージ) リタイア後の住まいは持ち家か、賃貸か――長く“論争”となっているテーマについて、元国税調査官でベストセラー『やってはいけない老後対策』著者の大村大次郎氏は「持ち家のほうが良い」とキッパリ結論を出す。 ⑥  高齢者向けのバリアフリー仕様も選べる 定年直後はまだまだ元気な方が多いですが、70歳を超えると身体の衰えも顕著になり、この点を考慮しないと思わぬ誤算が生じることもあります。 2011年の法改正によって「サービス付き高齢者向け住宅」に統合されました。 賃貸と持ち家を比較する際よくテーマとなる老後の暮らし。結論から言えば、老後の生活も見据えるなら持ち家の方がリスクは少ないです。それぞれの老後対応について詳しく見てみましょう。 ・賃貸住宅の老後対応. 全4548文字. ②現在は必要ないが、今後必要となってくると考える要素 また、祖父母は札幌市に在住しており、足腰の弱い祖母は雪が多い道では苦労します。 50代に入り気になるのは老後のお金の心配に加え、どこに住むかではないでしょうか?賃貸なら高齢でも借りられるか不安になったり、持ち家なら住み続けるか住み替えるか迷うことでしょう。賃貸と持ち家それぞれのメリットデメリットをfp視点で考えました。 老後は持ち家を売却して、賃貸に住み替えた方がいい? fpの家計相談シリーズ. 祖母の趣味であるガーデニングは、市有地を安価で借りることで楽しむことができているので、これまでの楽しみも失わずに済んでいます。 「いつまでも元気」などと過信せず、現実的に老後の生活と向き合うことで、老後の賃貸生活は実りあるものになっていくのです。, また、高齢者の賃貸探しでは、一般的な賃貸物件に加えて、「高齢者専用賃貸住宅」や「サービス付き高齢者向け住宅」など、高齢者向けの物件も選択肢になるかと思います。 老後に5000万円が必要? 次ページ » ... 賃貸と持ち家、どちらがおトクとは一概に言えない . 印刷? 賃貸と持ち家、最終的にどちらが得か?という議論をテレビや雑誌などでよく見聞きします。賃貸派からすると、社会情勢の変化や解雇などからローン返済が破たんするリスクが懸念され、持ち家派からすると年金制度の不信感から老後も家賃を払い続けられなくなるリスクがあります。 「高齢者専用住宅(高専賃)」とは、都道府県ごとに認可・登録された高齢者向けの賃貸住宅です。 老後の住宅 持ち家or賃貸は人による . 当記事はsuumoジャーナルの提供記事です. ② 部屋内の移動や部屋までの上り下りにストレスがないこと 賃貸のデメリット 家の周囲は子どもたちの声で賑わい、早起きの祖父母はいつも元気をもらっていると喜んでいます。, 祖父母の老後のための部屋は、孫である私が探しました。その際、祖父母には 定年後、老朽化などの理由から一戸建ての自宅を売却しようとお考えの方も多いと思います。一戸建て生活が長かった方にとっては、老後の賃貸生活には不安を感じることが多いですよね。 でも、事前にしっかり準備しておけば、持ち家より快適に暮らすこともできるんです。 まずは60歳以上の高齢者の住宅事情について、国が調査したデータを見てみましょう。 ・高齢者の持ち家率の調査結果 老後に持ち家を売却して賃貸物件で暮らすメリットとは? 固定資産税や都市計画税がかからなくなる ; 住居に対する相続トラブルが発生しない; 老後に賃貸物件で暮らすリスク. このような賃貸物件も視野に入れながら、賃貸マンションでのゆったりとした暮らし、始めてみませんか?, 音楽、サブカル、エネルギーを専門とするライターです。 事前にしっかりと条件を絞っておいたので、祖父母は妥協せずにほぼ理想の物件に出会うことができました。 賃貸より持ち家の方が老後は安心? 老後に賃貸で暮らすデメリットを考えると、持ち家のほうが安心なのでしょうか。 デメリットとメリットを見てみましょう。 持ち家ならではの苦労もある. 市中心部のためスーパーも近く、買い物にも不自由していません。 賃貸にしてからの生活は、部屋がコンパクトになることで夫婦の会話も増え、オートロックやエレベーターにより生活の質も向上したようです。 Webマガジン『SETUZOKU』を運営中です。https://setuzoku.work/, ※このページの内容は、2019年4月2日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください, このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。, 株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。. また、駅からは徒歩で15分ほどかかるなど立地面でもいまいちで、老後を迎えるには不安な環境だったのです。 「サービス付き高齢者向け住宅」、通称「サ高住」は、一般高齢者はもちろん、軽度の介護を要する高齢者へのサービスが手厚くなっています。医療スタッフが常駐し、「居住者の生活の見守りや相談対応」「食事や入浴などの生活支援」といったサービスが提供されるケースがあります。 主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。 第1に、現在の家に不便を感じている点としては、セキュリティや階段の上り下りであったため、新しい部屋はオートロックかつエレベーターが設置してある部屋という条件を設けます。 施設によっては「スタッフが常駐している」「緊急時の対応が手厚い」など、生活が見守られて安心感があります。注意点としては、毎月の家賃のほか、入居に際してまとまった初期費用が必要になることです。 また、キッチンや浴室、トイレなどの設備も長年住み続けていれば次第に劣化しいきます。適切なタイミングでのリフォームが必要になってきます。 市有地は安価で土地を借りられ、畑作業なども可能であることから、祖父母の趣味を失わずに済みました。, 上述の条件を設定した後、細かな条件を指定できる賃貸物件サイトで検索し、市内の10件ほどの物件を内覧して回りました。 1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。 また、住宅ローンが終わった家は、「自分の資産」です。今後、子どもに財産として引き継げるのはもちろん、自身がお金に困ったときに売却して資金源にすることもできるでしょう。 鈴木 信行. ③ 突発的な出費の心配がない 第二の人生を歩む場所として、このメリットに心惹かれるものがあるのであれば、心機一転してみるのもいいかもしれません。 とはいえ、賃貸の中には庭付きのマンションもあるので、ガーデニングをしたいのなら庭付き物件に焦点を当てて探すのもよいでしょう。 「高専賃」の入居基準は物件によって異なりますが、基本的には「自立している」あるいは「軽い支援だけで生活できる」ことが条件になります。バリアフリーや入居者同士が交流できる共用スペースなど、高齢者が暮らしやすい住居です。 持ち家派の主張は色々ですが、以下の3つが代表的なものです。 持ち家の方が良い. 老後 持ち家か賃貸かって答えは出てんじゃん 2020/2/24 2020/5/26 分譲 vs. 賃貸 連休中、この記事を見つけタイトルに惹かれて思わず165円払って購入しようかと思ったのですが・・・ 普段目に留まりやすい住まいの内部と違い、屋根や外壁の傷みは劣化が進んでから気づくことも多いものです。 「持ち家か賃貸か」老後に困らないための正しい考え方 . 持ち家の方が特とは言い切れません。 また、持ち家と賃貸でも、老後に必要な住居費には大きな差が出てきます。老後に必要とされる平均金額について、「夫婦と単身者」「持ち家と賃貸」の生活スタイルごとにみていきましょう。 1-1.夫婦に必要な老後資金の金額 持ち家のデメリット 老後を賃貸で過ごすか、持ち家でで過ごすか。それぞれのメリット・デメリットやどんな備えをしておくべきなのかをご紹介します。mattoco Lifeは三菱UFJ国際投信が提供する、あなたの"life"をデザインするサポートメディアです。 冒頭でもお話したように、「持ち家か賃貸か」はその人、その家族によります。 ここで世間でよく言われる、両派の意見を見ていきます。 持ち家派の主張. 一方で賃貸は一生払い続け、それとは別に老後費用も貯蓄しなければなりません。 説明した通りで、老後は歳を取るほど家を借りづらくなるので将来の不安要素が大きいです。 持ち家は損得では決めない方が良い. 賃貸がいいのか、あるいは持ち家か…というのはは老後のメリット・デメリットを考えても終わりのない話かもしれません。どちらにもメリット・デメリットがありますからね。そこで今回は、老後の賃貸のメリットを含めた不動産事情をお伝えします。 日本一わかりやすい お金の教科書』(共に講談社)、他多数。, 「年金崩壊」「定年後破産」などの恐ろしい言葉が飛び交う少子高齢化の現代ニッポン。老後の生活を支えるお金について熟知しておくことは、もはや誰にとっても待ったなしだ。30代でも早すぎない、40代なら今まさに備えを始めたい、老後資金のあれこれを人気FPがわかりやすく指南する。, FPになって以来、20年以上にわたってマイホーム購入時の住宅ローン相談を受けているが、近年の新築マンション価格の高騰ぶりは、どうにかならないものかと憤りを感じている。6000万円、7000万円もすると、共働きカップルでも簡単には手が出ない。, はじめてマイホームを購入する若い世代は、「今、買いたい物件」の価格しか目に入らないのは当然のこと。もっと安かった過去のマンション価格など知る由もない。高騰ぶりをデータで見てみよう。, 下のグラフは「首都圏の新築マンション平均価格」の推移である(出典:不動産経済研究所「首都圏のマンション市場動向」)。私がFPになった1996年から2018年までのデータをグラフ化してみた。, グラフにあるように1996年から10年くらいは、4000万円程度。ファミリータイプの新築マンションが23区でも4000万円前後で買えた記憶がある。頭金を貯蓄と親からの援助で1000万円くらい用意して、3000万円の住宅ローン組む。当時は今ほどフルタイムの共働きは多くなかったので、片働きが60~65歳で完済できるローンの目安は「30代半ばで3000万円の借入額」だった。, 物件価格が6000万円以上になると、ローンに頼る分が多くなる。共働きだからといって、3000万円×2人分で6000万円も借りていいわけではい。男性並みの年収を得られる女性はまだまだ少ないうえ、女性は出産後、何年もの間収入がダウンする。, こうした事情を踏まえると、共働きであったとしても、老後に負担を残さない住宅ローンの借入額は、30代半ばの借りるとするなら4000万円程度。となると、頭金は2000万円だ。諸経費を400万円、手元に残す貯蓄を300万円とすると、購入時に2700万円の貯蓄が必要となる。30代で、2700万円の貯蓄がある共働きカップルは、ごくわずか(少ないけど、います)。やはり、6000万円を超える物件は、だれでも買えるわけではないのだ。, 発達障害の僕が発見した「風呂は好きだけど、毎日入るのが鬼めんどくさい」を解決するスゴ技, 【ベスト経済書2020第2位・経済学を味わう】東大1~2年生に大人気の授業が書籍に. 深田晶恵. 主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』 『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』、『知識ゼロの私でも! ④ 近くにスーパーやコンビニがあり、日々の買いものに困らないこと 早い時期に住宅ローンを組んでいれば、退職する頃には終わるという人も多いと思います。住居費の毎月の負担が減ると家計が楽になりますよね。 賃貸派って老後はどうするの? 放浪? コンサルタント・不動産投資家の石川貴康氏に聞く. 「まだ大丈夫だろう」と放っておけば、いきなり故障し、予定外のリフォームの出費が、という事態にもなりえます。, 次に、マイホームと比較した場合の、賃貸のメリット・デメリットを見ていきましょう。 ④ 新しい部屋や設備が利用できる ① セキュリティ対策が万全であること 日経ビジネス副編集長. ⑤  駅近の物件が多い ちなみに、私の祖父母は近くの市有地を借りてガーデニングを楽しんでいますので、庭付きにこだわらなくとも楽しむ方法はいっぱいありますよ。, 私の祖父母は、定年を迎え、年金の支給年齢になるとともに家を売却しました。バブル期に購入した自宅は古い作りだったので、階段が狭く急で、壁も薄く冬に寒いなどの問題がありました。 一方、老後の賃貸生活にはデメリットも存在します。 50代で持ち家を購入するには住宅ローンが払えないなどの問題から50代で賃貸暮らしは肩身が狭く恥ずかしいと思っているのではないでしょうか。 老後の生活費や暮らしなど経験したこと、考えたことなどを綴ります。 ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。 一方、老後に持ち家に住むデメリットは「維持費が思ったよりかかる」という点です。一戸建ての場合、室内も外装もすべてのメンテナンスを自分たちでしなければなりません。 第3に、上述のとおり祖母はガーデニングが趣味なのですが、祖父もたまに参加し、夫婦でガーデニングを楽しんでいたことから、引越し後もガーデニングを楽しめるように市有地から近い場所を基準としました。 老後・定年後の住まいは持ち家か賃貸か、戸建てかマンションか、いずれを選ぶにしても、メリットとデメリットがあります。家族構成やライフスタイルによって選び方は異なるため、どちらが良いとは一概にはいえず、自分に合った住まい選びが大切です。 ③引越し後も失いたくない趣味や楽しみ また、賃貸では庭がついてない物件の方が多くなっています。老後にガーデニングを楽しみたいと思っている方には、なかなかピンとくる物件がないかもしれません。 こうして上げるとどんどん出てきますね。長く住んだ自宅は愛着が湧いているかもしれませんが、老朽化により様々な点で不安があります。 多くの高齢者が口にすることは、「お隣さんとの付き合いがなく、寂しい」というものです。 でも、事前にしっかり準備しておけば、持ち家より快適に暮らすこともできるんです。 持ち家のメリット 賃貸・持ち家の老後対応 . ② コンパクトな間取り ①現在の家に住んでいて不便に感じている点 29%. 居住し続ける間は家賃がかかる; 住み替えがしにくくなる ライフ・社会 老後のお金クライシス! 深田晶恵. また、高齢になると身体的な変化が起こるため、快適と感じるポイントも若いときと比べて変化していきます。 「一戸建ては階段移動が大変」「運転免許を返納したから生活圏をスリムにしたい」と、利便性を大事にするケースも多いかと思います。 Copyright © LIFULL Co., Ltd. All Rights Reserved. 老後・定年後の持ち家派・賃貸派の割合. そこで、札幌の中心部から近い、比較的降雪の少ない地域に対象を絞りました。 今回は、そんな老後の賃貸生活の楽しさと、賃貸を選ぶ際のポイントについて、実際に祖父母の賃貸探しをサポ―トした私が紹介します。, 平均寿命が世界的にもトップクラスの日本は、長生きする人が多い国。平均寿命が延びている現代では、住まいとの付き合い方も時代の流れやライフスタイルに合わせた臨機応変さが求められます。 賃貸のメリット 例えば、家族の人数の変化。子どもが巣立った後には家族が減り、広い家で暮らすよりも狭い間取りでコンパクトな暮らしが好まれます。 2019年7月11日. 車の運転や長距離移動が重荷でなかった若い頃であれば、郊外での生活に苦労は感じませんが、足腰が弱まる高齢なら、なるべく移動距離は短くしたいもの。商業施設や公共施設、医療施設が凝縮されている「駅近」が快適な生活をもたらしてくれます。, それではまず、老後も一戸建て住宅、いわゆる「マイホーム」に住み続けるメリット・デメリットを紹介します。 はじめに. 読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるfpの家計相談シリーズ。 今回の相談者は、年金暮らしの65 自由な持ち家がいいか、その時々のライフスタイルに合わせて賃貸住宅に住むべきか。この2つの選択肢のどちらを選ぶかは、結局のところはその人が「住まい」に何を求めているかで変わってきます。どちらにも長所と短所があり、永遠に答えの見つからない問いなのかもしれません。 1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。 賃貸生活になってからは、駅から徒歩5分、エレベーター完備となり、生活する上での利便性はぐんと向上しました。 老後も賃貸に住み続けることはなんら問題ありません。人によって賃貸か持ち家がいいかは変わってくるからです。危険なのは、どちらが自分に合っているかを理解せずに、住居を決めてしまうこと。今回は、賃貸と持ち家の利点欠点をまとめました。是非参考にしてみてください。 放置することで最終的に金銭負担が大きくなることもあります。 第2に、現在は必要ないが、今後必要となってくると考える要素としては、足腰が弱ってきたときに部屋が広すぎる、段差が多いなどの難点は生活に支障を来すと考えたことから、極力コンパクトで段差のない部屋を条件としました。 ① セキュリティが安心 定年後、老朽化などの理由から一戸建ての自宅を売却しようとお考えの方も多いと思います。一戸建て生活が長かった方にとっては、老後の賃貸生活には不安を感じることが多いですよね。 クリップ. 一戸建てとは違い雪かきをする負担もなくなり、私が訪問すると「生活が快適だ」と話してくれます。, 実際に老後の賃貸探しをサポートした私が感じた、定年後の賃貸生活を実りあるものにするためのポイントは、 の3つの観点から部屋のニーズを聞き取りました。 持ち家比率が高い日本では、持ち家なしの老後に対して不安を覚えることがあるでしょう。実際のところ、持ち家がないことにリスクはあるのでしょうか?また、賃貸と持ち家とではどちらがいいのでしょうか?これらについて解説していきます。 ③ 公共交通機関の利用に不自由しない立地であること 周囲に同年代の人が住んでいればご近所付き合いも可能ですが、やはり持ち家に住んでいた頃よりもお隣さんとの会話は難しくなります。 2020.2.6 5:05. 住宅ローンが終われば、住居費の負担が減るのが、老後も持ち家に住み続けるメリットの一つです。