湯西川温泉の湯西川沿いに有る平家落人の集落跡 ※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。 日本各地、色々なところに平家の落人集落説がありますが、間違いなく平家の落人集落であるのはどこでしょうか。またその根拠となるのはどういったことなのでしょうか。wikipediaに「平家の落人」という項目があり、そこに、落人伝説のあ 栃木県日光市の最北部に位置する湯西川温泉 湯西川の渓谷沿いに旅館や民家が立ち並び 壇ノ浦の戦いで源氏に敗れて逃げのびたという 「平家落人伝説」 が語り継がれている温泉地。 平家民族資料館 栃木県日光市湯西川620 0288-98-0432 8:00~16:00 不定休 平家の落人. 栃木県北部にも、この「平家落人の里」を売り文句にした温泉地があります。では、本当にこのあたりに平家の公家やその郎党が隠れ住んでいたのでしょうか。その答えは、残念ながら限りなく「ノー」と言わざるを得ません。 栃木県内には平家落人の里とされる地域があります。ある地域では戦に敗れて逃れた一行が、男児の誕生を祝い鯉のぼりを上げたところ、追っ手に見つかり無惨な目にあったのです。その一行が逃れていった先では、鯉のぼりをあげないことのほか、今も伝わる独特の風習があるんです。 栃木・平家落人伝説の里で温泉を楽しむ1泊2日旅プラン 2020/07/09 07:05 米連邦最高裁判事、26日に上院で採決へ…バレット氏承認の公算 栃木県日光市栗山郷 "平家の落人の集落や史跡があることで有名です。この地域では平家大祭といった祭りがあり、平安時代を思わせる格好をした武者や姫などが、行列で約2キロの道のりを歩くという光景が … 楽天トラベルの観光情報サイト。平家落人民俗資料館の観光情報盛りだくさん! 平家落人民俗資料館の地図・住所・電話番号などの基本情報を掲載しています。 一ノ谷の戦い、屋島の戦い、壇ノ浦の戦いにおいて落ちのびた平家の残党をいいます。 武士は落武者ですが、落ちのびたものの中にはその家族や平家に味方した関係者なども含まれるため「落人(おちゅうど)」といわれています。 平家狩人村の観光情報 営業期間:公開:8:30~16:00、交通アクセス:(1)湯西川温泉街/車/5分。平家狩人村周辺情報も充実しています。栃木の観光情報ならじゃらんnet ジオラマで狩猟の様子がわかる鳥獣資料館・道具小屋・解体小屋・水車な 平家の落人(へいけのおちうど)とは、治承・寿永の乱(源平合戦)において敗北し僻地に隠遁した敗残者のこと。主に平家の一門およびその郎党、平家方に加担した者が挙げられる。平家の落武者ともいうが、落人の中には武士に限らず公卿や女性や子供なども含まれたため、平家の落人というのが一般的である。こうした平家の落人が特定の地域に逃れた伝承を俗に「平家の落人伝説」などという。 栃木県日光市にある『湯西川温泉』は、平家落人伝説で有名な歴史のある温泉です。春は新緑、夏は避暑、秋は溪谷の紅葉、冬はかまくら祭りと、一年中楽しめます。日帰り・宿泊、若い方からご年配の方まで幅広い人に利用されているおすすめの温泉地です。 栃木県の北部、山間の秘境・湯西川温泉には平重盛の六男・忠房の息子(平景定とも)らが落ち延びたとされており、毎年6月には平家大祭も開かれています。 毎年6月の平家大祭の様子 栃木県の秘境・平家落人の里とされる湯西川温泉で雪づくしのお祭り「湯西川温泉 かまくら祭」が開催されます。日本夜景遺産認定のミニかまくらが点灯され幻想的な景色を楽しめるなど、冬限定のお楽しみがいっぱい! 栃木県に温泉は色々ある中、なぜ奥深い湯西川に?と思われるでしょ! そこはこれ「平家の落人」でガイドブックにも掲出されていたから気になっていたんです。 子供の頃、親から 「我が家は平家の末裔だ」 と言われ育てられてきました。 平家集落について. 平家の里-栃木県 日光市 湯西川温泉。2016年から平家の里は、日本夜景遺産認定のかまくら祭メイン会場となりました。沢山の自然、郷土料理、源泉掛け流し温泉、笑顔で温かく迎えてくれる多くの旅館、古き良き日本の風景に出会えます。 いかがでしたか?栃木県・湯西川温泉街の旅館「平家の庄」をご紹介しました。日光観光の際には、ぜひこの「平家の庄」で、落人たちの紡いだ歴史にも思いを馳せてみてくださいね。 平家落人伝説の地① 栃木県日光市湯西川. 平家の落人により集落が築かれたといわれ、平家落人の伝説が残る湯西川温泉。 平家落人の生活様式を後世に残すため、村内の茅葺き屋根の民家を移築し再現した民族村です。 平家が源平の戦に敗れてからちょうど800年目の昭和60年に建てられました。 <薬師の湯 詳細地図>  平家の落人(へいけのおちうど)とは、治承・寿永の乱(源平合戦)において敗北し僻地に隠遁した敗残者のこと。主に平家の一門およびその郎党、平家方に加担した者が挙げられる。平家の落武者ともいうが、落人の中には武士に限らず公卿や女性や子供なども含まれたため、平家の落人というのが一般的である。こうした平家の落人が特定の地域に逃れた伝承を俗に「平家の落人伝説」などという。, 今日、日本各地において平家の落人伝説が伝承されている。源氏と平家とが雌雄を決した源平合戦(一ノ谷の戦い、屋島の戦い、壇ノ浦の戦いなど)において平家方が敗退を繰り返した中で発生した平家方の難民であり、残党の追捕から逃れた者が落人となって各地に潜んだことから様々な伝承が伝えられるようになった。武士に限っては平家の落武者と呼ぶ場合もあるが、落ち延びたのは武士だけではないことから平家の落人という言われ方をすることの方が比較的多い。そうした平家の落人が潜んだ地域を平家谷、平家塚、平家の隠れ里、平家の落人の里などという。, 平家の落人伝承にある誤解としてよくあるのが、平家の落人の末裔が即ち平家一門の末裔であるという混同である。確かに平家一門が落ち延びたという伝承も少なくはないが、平家の落人という呼称が意味するものは「平家方に与して落ち延びた者」であり、平家の郎党の場合もあれば、平家方に味方した武士の場合もある。, 中には、創作や脚色された信憑性の薄い伝承や誤伝に基づく話もある。戦において落人が発生することは珍しくはなく、平家の場合も例外ではないが、該当する家系と姻戚関係となった間接的な血筋までも平家の落人を称する場合があり、口伝を基本とする平家の落人伝承が誤伝したり曖昧になりやすい側面もある。, 後に平家の残党が起こした三日平氏の乱やかつての平家方城助職の起こした謀叛などをみても、平家の落人が存在した事自体は間違いないが、元々が逃亡、潜伏した者であるため、歴史学的に客観的な検証が可能なものは少ない。学界で平家落人を研究したのは柳田國男・松永伍一・角田文衛らであるが、証拠があまりにも少なすぎるために推測を交えざるをえないことから、学者の間でも説が食い違うことはよくある。以下の平家落人集落の比定でも、ある学者は平家の落人の存在を肯定するが、別の学者が否定しているケースも少なからず存在している。例えば柳田が全否定した沖縄の南走平家については、奥里将建や大川純一など、沖縄の郷土史家の間では肯定的な意見が強い。角田が肯定した対馬宗家の平家末裔説も、他の学者は否定的である。といった具合である。, 問題をややこしくしているのが、柳田や松永が指摘している平家落人伝説捏造説である。例えば、ある地方の平家伝説は安土桃山時代に突然発生したものである。柳田の調査によれば、この時期に近江の木地師集団が領主から命じられてその地域に入植している。木地師は木地師文書と呼ばれる、自己の正統性を主張するための宣伝文書を創作するのに長けた人々であった。木地師はその土地に伝わっていた話を元に、平家物語等に依って平家落人伝説を捏造したのではないかと柳田は考察している。これらの後世の捏造文書が非常に真実の探求を妨げているのである。[1], 平家の落人は大抵、山の奥深くや離れ島や孤島などに存在している。そのため、平家は人口が少ないところや山間部や谷間など人がよりがたい所に里を築く。, 食器や生活用品を洗ったりする時に川に誤って流してしまったり山中に落としてしまったりで外部の人間に気づかれることもある。ただし、気づくのはごく少数であり、平家の落人の隠れ里に辿り着くのも少数である。こういった場合、再度隠れ里に行くことができなかったり川上から漆塗りの器が流れてきたりすることから隠れ里自体を妖怪化して考えることがある。このため、平家の隠れ里が『隠れ里』として神秘的な存在にとられることも多い。, 平家の落人部落は隔離集団であり、住民が数人程度の共通の祖先に辿り着く例もある[2]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=平家の落人&oldid=80962423, 院の墓の碑…壇ノ浦での平家敗北を知り、再挙の夢が消え去った人々は、安徳帝の御衣と御念持仏を此処に埋め、仮の御陵としたとされる。, 土釜薬師…帝の安泰を祈って祀られた。五士が最初に辿り着いた所とされ、警備の要となっていた。, 下谷八幡宮上の宮…安徳帝の安泰と、平家の武運長久を祈って祀られた。推古6年(598年)宇佐八幡宮から分霊された、十四代仲哀天皇、十五代神功皇后が祀られている。, 八幡宮の側に、安徳帝を祀る祠・安徳宮が鎮座する。安徳の窪500m、安徳の渕100m、安徳の滝1km、安徳帝下向道、詫間町須田浦へ30kmと書かれた石碑が建つ。, 下谷八幡宮下の宮…鳥居を潜り参道を上がって行くと、石段脇に宮石灯籠と刀石が並んでいる。この刀石は、安徳帝が神器の一つである宝剣を置いたとされる自然石。, 龍郷町今井崎(奄美大島)、行盛により今井権田大夫が源氏警戒のため配された。今井権現が建っている。, 「三好市「旧東祖谷山村」の伝説」 湯浅安夫・西田素康 (阿波学会紀要第53号2007.7), 「鬼界島流人譚の成立-俊寛有王説話をめぐって-」 谷口広之 (同志社国文学1980-01). 湯西川温泉 栃木県日光市 桓武平氏ゆかりの宿揚羽~ageha~1718年(享保3年)創業。桓武平氏良文流~平姓38代“秘境の老舗旅館”“癒しの宿”【楽天トラベル売れ筋ランキング】『北関東第1位を11年連続受賞中』「no.1」の人気宿! 平家落人の里 湯西川平忠実もしくは平清定の子、平景定が落ち延びたとされる。湯西川の平家の落人伝説は現地の平家落人民俗館や平家の里などでも紹介されているほか、平家大祭などの行事も行われている。湯西川温泉では積極的に落人伝説を観光業に活用している。 平家の落人により集落が築かれたといわれ、平家落人の伝説が残る湯西川温泉。 平家落人の生活様式を後世に残すため、村内の茅葺き屋根の民家を移築し再現した民族村です。 平家が源平の戦に敗れてからちょうど800年目の昭和60年に建てられたそうです。 栃木県内には平家落人の里とされる地域があります。ある地域では戦に敗れて逃れた一行が、男児の誕生を祝い鯉のぼりを上げたところ、追っ手に見つかり無惨な目にあったのです。その一行が逃れていった先では、鯉のぼりをあげないことのほか、今も伝わる独特の風習があるんです。, 鯉のぼりをあげてはならない里。その起源を語るには貴族の時代から武士の時代へと変わる歴史の変換点の前後に遡り、その変遷を見ていく必要があります。ときは平安時代(794年~1185年/1192年頃)。当時、日本の政治において中心的な役割を担っていたのは貴族でした。京都を都として、ご存じ平家が約390年もの長きにわたり、その隆盛を誇りました。しかし「驕る平家は久しからず」とはよく言ったものです。贅沢を極め、優雅な生活を謳歌する貴族政治も永遠には続きませんでした。その陰で、徐々に武士の力が台頭してきていたのです。大きなターニングポイントとなったのが、1185年の源平合戦(壇ノ浦の戦い)です。この戦に平家は完敗。平家一族は滅亡し、政治の舞台からは姿を消すこととなりました。戦に生き延びた平家の人々は各地へと散らばっていきます。この人々がいわゆる「平家落人」です。, 栃木県にはいくつか「平家一門が落ちのびてきた」とされる場所、「平家落人の里」があります。その一つが日光市栗山郷。大自然に囲まれた山奥にある有名な温泉郷・湯西川温泉を含む地域です。湯西川には平家末裔といわれる宿が数軒あります。たとえばある温泉宿を営む一家は姓を「伴」と名乗りますが、これは「平」の変形に、にんべんを使った「平の人」の意味を持つそうです。その祖先にあたるのが、壇ノ浦の戦いに敗れ縁者を頼って関東へと逃れて現在の日光国立公園内にある鶏頂山に隠れ生活をしていた落人たちだと伝わっています。一説には、平重盛の六男「平忠房(忠実)」の一行とか。この一行が隠遁生活を送っているなか、あるとき一人の婦人が男児を出産しました。この時代、跡取りとなる男児の誕生はたいへん喜ばしいことです。折しも端午の節句に当たる季節。隠遁生活ではあっても、ささやかながらお祝いをしようと、余り布をつぎ合わせてぼりを仕立てて掲げました。ところが、これを追っ手が見つけ、一行は惨い目にあうことになってしまったのです。生き残った人たちはさらに奥地へと逃れ、栗山郷にたどり着きました。以来、栗山では端午の節句であっても、決して鯉のぼりをあげなくなったそうです。また、この地では人が生活していることを悟られぬよう、鳴き声をあげる犬や鶏は飼わない、煙が上がるため焚き火をしない、米のとぎ汁を川に流さないという風習も続いています。, 現在、日本のいくつかの土地に「平家の落人伝説」が伝わっています。壇ノ浦の合戦で痛手を負った平家方の一族は栃木に限らず各地に逃れていったのですが、伝説とされているのは北は岩手県から南はなんと海を渡った九州まで。九州で落人伝説が伝わるのは大分県玖珠郡九重町の松木地区。この地域にはその名も「平家山」があります。平家の再興を願い持参した財宝を隠したともいわれ、付近には「平家山」「宝山」「大祖山」などの山もあります。東北では岩手。平清盛の孫と伝えられる武士が海へ逃れて現在の大船渡市に漂着したと言われています。大船渡の山奥には「平山」という集落もあるとか。落人たちは、ここで農民に身を転じ、ひっそりと暮らすようになったそうです。いまでもこの地域の農家のなかには、平家ゆかりの人々がいるのかもしれません。平家落人伝説に限らず、あなたのまわりに当たり前に多くある苗字や風習。注目してそのルーツを辿ると意外な歴史にいきつくかもしれません。1年のうちある特定の1日だけ行われる変わった儀式や風習、カッパ伝説、独特のスタイルをとる婚儀、お正月の祝い方など。身近な事柄のひとつに「なぜ、いつから」という疑問を持って目を向けると、歴史や社会学の学びにむすびつく、面白い発見があるかもしれませんね。, 文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。, 歴史学とは、対象とする大陸・国・地域などにおいて、過去に起こった物事を取り上げ、当時それがどのような意味を持っていたのかを、残された物や建造物、文書などから研究する学問である。ただ、資料を正確に読み取るだけではなく、事実かどうかを疑い、踏み込んで検証する批判的視点も重要である。歴史学の基本的なラインナップには、日本史、東洋史、西洋史、考古学がある。また、政治制度・経済活動・芸術文化・信仰宗教などに特化した考察も行う。. 宿泊の際にもらえるgoto地域共通クーポンはチェックアウト当日まで隣接する県で使える仕組みでそのため期せずして日本地理の復習となった。例えば栃木県は福島、茨城… ! ~平家落人民俗資料館~ 栃木県観光物産協会がお届けする公式観光サイト「とちぎ旅ネット」。観光スポット、温泉、宿、グルメ、お土産、お祭りなど、旅のスポット情報を探せます。 住人が〝椎葉〟さんと〝那須〟さんばかり、という村が宮崎県にあります。由来は1185年に起きた源平間の「壇ノ浦の戦い」にさかのぼると言われています。各地に伝わる「平家の落人伝説」のひとつなのですが、この村ではその後、源氏側と平家側が共生した…