不合格者(未反応物)は、在籍する(リサイクルにまわされる)」 モノマーを重合して得られる高分子材料(polymer materials)である。 表1.1に、石油から得られる最も簡単なモノマーであるエチレンが重合して そのエチレン鎖がつながって長い連鎖ができていくときのエチレン鎖の数と外 観および物性変化を示す。 1.ラジカル重合 ... 応による付加重合においては,枝分かれ構造を持った高分子も生成される. ・ポリマーの末端はどうなっているのか ... エチレンが挿入されて行き,生長反応が進む. 製法. エチレンをラジカル重合させると、枝分かれが多く結晶性の低い低密度ポリエチレン (ldpe) が生成する。 一方で、 ツィーグラー・ナッタ触媒 (Ziegler-Natta catalyst)を用いると、枝分かれが少なく、結晶性の高い高密度ポリエチレン (HDPE) が得られる。 ですので・・。 8. 10. 低圧法では枝分かれが出来ないので、ヘキセンなどαオレフィンをエチレンに共重合すると、その部分が枝のように振る舞います。それ故、密度が下がります。これがリニアローデン(lldpe)です。配位アニオン重合触媒も進化しており、最近ではメタロセン系の触媒がかなり使われてきています。 リビングラジカル重合のようなドーマント種とアクティブ種を交換し合う、イモータル重合となります。 環状アミン 環状アミンを重合させるときは、 塩基性、求核性が強いのでカチオン開環重合 で進みま … %���� 時間があるようでしたらいろいろ理屈を捏ね回すのも面白いかと。ご参考までに。, こんばんは。有機分野はいろいろと覚えないとならないし大変ですよね。 ご参考になればうれしいです。, Sn1反応およびSn2反応になる条件について調べています。調べたところ両者には以下のような条件の違いがありました。  結果,Sn1 反応になるか Sn2 反応になるかは,どちらの反応の律速段階の反応速度が速いかで決ります。律速段階の反応速度が速い方の機構を通って反応が進行するわけです。 8.  とても簡単なイメージですが、上にあげた式は、高分子1分子が溶媒に溶けた時の粘度とその高分子1分子の分子量の関係を示しているとでも考えてもらったらよいのではないでしょうか。  まず最初に,求核置換反応(Sn 反応)の機構は Sn1 か Sn2 かのどちらかしかありません。時に「Sn1 と Sn2 の中間の機構」とか「Sn1 と Sn2 が混ざった機構」と言われる事がありますが,これは Sn1 と Sn2 並行して起こっているという事(ある分子は Sn1 反応をし,別の分子は Sn2 反応をしているという状態)であって,個々の分子を見ればどちらか一方です。 CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY │ Vol.69-7 July 2016 551 LDPEの概要 ポリエチレンには,製品密度から低密度品(0.915~ 0.925 g/cm 3)と高密度品(0.945~0.965 g/cm 3)があり, 製造法からは高圧法(1300~2000 気圧),中圧法(3~ 3. ラジカル重合の発想の転換ーリビングラジカル重合 . 蒲池幹治.  ここからが高分子の特徴的なところだと思います。低分子の場合、1分子のみ溶媒の中にいても粘度はかわらないのですが、高分子は鎖がゆらゆらしており、その鎖はとても長い。長いために1分子の存在でも溶媒の粘度に影響を与えます。鎖が長いほうが、粘度が高くなりそうなのはイメージしやすいのではないでしょうか?  ざっとこんな感じですが,要点だけ纏めると,「カルボカチオンができ易い,脱離基が脱離し易い」条件は Sn1 に有利ですし,「アニオンができ易い,求核試薬が攻撃し易い」条件は Sn2 反応に有利です。そして,「求核置換反応の機構は Sn1 か Sn2 のどちらか」ですので,反応が起こらない場合は別にして,Sn1 反応が起こり難くなると Sn2 機構で,Sn2 反応が起こり難くなると Sn1 機構で反応が起こります。, 既にある回答と一部重複するかもしれませんが,全く新たな回答として書かせていただきます。 「新入生100人(原料)が入学し、1年後に、卒業試験がある(反応器)。  極限粘度とは数個の濃度の違う高分子溶液の粘度を求めて、これを0に補外した濃度0の点の高分子溶液の粘度です(これも教科書に書かれています。補外の仕方にはいろいろありますが、近似式が直線だとした場合は切片です。)濃度0の時の高分子溶液の粘度??と思われるかも知れませんが、溶媒自体の粘度じゃないのと思われるかも知れませんが、大量の溶媒の中に高分子1分子のみがぽっつ~んといる状態をイメージしてください。このときの溶液の粘度が極限粘度です。 塩ビも大変使用に便利な材料だったのですが(安い、成形しやすい、可撓性とできる) 枝分かれが形成されるのはフリーラジカルが転移するのが原因である。 エチレンをラジカル重合させると、枝分かれが多く結晶性の低い低密度ポリエチレン (LDPE) が生成する。 一方で、ツィーグラー・ナッタ触媒 (Ziegler-Natta catalyst)を用いると、枝分かれが少なく、結晶性の高い高 … 分子量を高くしたい場合は、生長速度を速くして、停止速度を遅くしなければなりません。生長反応が100回起こる間に1回の停止反応が起こってしまうよりも1回の停止反応が起こるまでに生長反応が1000回起こる方が、高分子量のポリマーが生じるはずです。  式は教科書をみればすぐわかると思うので、どちらかというと私が考えている概念を書いてみました。専門家からみれば??のところもあると思いますが参考なったらよいです。, 大学で使われる教科書には必ず乗っていると思います。高分子の極限粘度と分子量には[極限粘度]=K×[分子量]a乗(K、aはポリマーハンドブックなど一般のポリマーについては文献値があります。)が成り立つからなのですが・・・・。 厳密には,ブレンドはただ混ざっていればよし,アロイはモルホロジー(相溶性とか非相溶とか)を積極的にコントロールして特定の機能を発現させたブレンドポリマーの一種,というイメージで使われていると思います.(業界によって定義が違うかも)  如何でしょうか。こうみれば「CN」も「CN+」も「CN-」もCN間の結合に関しては同じですね。勿論,炭素の sp 軌道上の電子の数はCN間の結合に影響が無いわけではありませんが,それを議論するのであれば『最近、化学を勉強し始めました』というレベルではないと思いますので・・・。, > カチオンとアニオンが分かりません。 このとき、 8. エチレンをラジカル重合させると、枝分かれが多く結晶性の低い低密度ポリエチレン (ldpe) が生成する。 一方で、 ツィーグラー・ナッタ触媒 (Ziegler-Natta catalyst)を用いると、枝分かれが少なく、結晶性の高い高密度ポリエチレン (HDPE) が得られる。 文献「エチレンのラジカル重合における長鎖分岐の解析法」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。 重合はビニル基の付加重合でラジカル開始剤を加えることによって行われる。 ii)合成繊維 a)ポリエチレンテレフタレート(PET) PETは、テレフタル酸とエチレングリコールの重縮合反応によって得られ … ラジカル重合(ラジカルじゅうごう、radical polymerization)は高分子化学における重合反応の形式の一種であり、ラジカルを反応中心としてポリマー鎖が伸張していく反応である。 カチオンとアニオンが分かりません。 参考URL:http://www.jhospa.gr.jp/contents/pt_4_1.html, 最近、化学を勉強し始めました。  『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。  まず最初に,求核置換反応(Sn 反応)の機構は Sn1 か Sn2 かのどちらかしかありません。時に「Sn1 と Sn2 の中間の機構」とか「Sn1 と Sn2 が混ざった機構」と言われる事がありますが,これは Sn1 と Sn2 並行して起こっているという事(ある分子は Sn1 反応をし,別の分子は Sn2 反応をしているという状態)であって,個々の分子を見ればどちらか一方です。 高圧法によって低密度ポリエチレンは、エチレンを重合すると得られますが、なぜ高圧法によってなのでしょうか?色々調べてみましたがなかなかそれらしい答えは参考書に載っていませんでした。 > テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとあります...続きを読む, styrenさん、こんばんは。 単量体(monomer,mono=1)が多数(poly-)重合 した巨大分子. エチレン ポリエチレン tetrafluoro ethylene polytetrafluoro ethylene テレフタル酸 ケブラー p-フェニレンジアミン. <> 私は専門家ではないので上手く伝えれるか心配ですが、説明してみます。 [試薬の求核性]・・重要   流れ方向MDと垂直方向TDって何の略なのでしょうか?, 流れ方向 ( MD : Machine Direction ) 中間体による違いは、カルボカチオンの超共役効果や立体障害に依存するのだと思います。しかし反応条件や試薬の求核性がどのようにSn1反応とSn2反応に関係するのかが分かりません。例えば、「なぜSn1反応は中性~酸性条件で進行するのか」といったようなことです。どなたか教えてください。, 既にある回答と一部重複するかもしれませんが,全く新たな回答として書かせていただきます。 ラジカル重合の例として、エチレンの重合によるポリエチレン生成 (Fig. x��[K�����з������X�~ bÆ�����Ȋ�bg� �>U|�t�pșK���w��b=����y:����O>�t��O������o��������_~|z��|z���矿|x��뗷o�a���ë�:�6ݻ�^A'�?�W���Q�Rݻ_^��3����?���w~x5��YD� 本実験で使用するモノマーはすべて,エチレンの4 水素のうちの1 つを親水基で置換 したものを使用する.モノマーは炭素‐炭素2 重結合を含んでいるので,それをラジカ ル重合によって高分子にしていく.以下にラジカル重合のプロセスを示す.1) 1. はじめに. このような場合、生長反応に比べ、停止反応が阻害されるので、分子量は高くなります。これをゲル効果といいます。 <> もしお分かりになる方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。お願いします。, ラジカル重合では、生長反応速度はラジカルとモノマーが反応するのですから、モノマー濃度とラジカル濃度の積に比例します。停止反応はラジカル同士が反応する2分子停止を考えると、ラジカル濃度の2乗に比例します。 > CN,CN+,CN-の結合次数と結合の強さを考えたかったのですが・・・。  最後に問題の『反応条件』です。何度も繰り返しになりますが,Sn1 反応の律速段階はカルボカチオンが出来る段階です。この過程では脱離基が抜けてカルボカチオンが生じると同時に,脱離基はアニオンになります。結果,このアニオンを安定化する条件(つまり,酸性もしくは中性)の方が Sn1 反応が進みやすくなります。逆に Sn2 反応は,求核試薬が剥出しの状態になる塩基性の方が攻撃性が高まり反応が速くなります(塩基でもある求核試薬を酸性条件下に置くと酸と反応してしまいます)。結果,塩基性から酸性になるに連れて,反応機構は Sn2 → Sn1 にシフトします。 ラジカル濃度を高くすると、停止反応には2乗で効いてしまうので、生長反応も速くなりますが、停止反応の方がより速くなり、分子量は低下します。  さて,Sn1 反応の律速段階は御存知の様にカルボカチオンが生じる段階です。つまり,カルボカチオンができ易い程 Sn1 反応は速くなります。一方,Sn2 反応では反応中心の炭素が5つの結合を持った状態が遷移状態ですので,この状態ができ易いもの程反応が速くなります。 一方、停止反応は、一般的にポリマーラジカル同士の反応だとすると、系の粘度を高くしてやれば、運動性が低下し衝突頻度が低下します。 界面活性剤などの不純物が混入する。生じるポリマーが球状などの制約はありますが、高分子量物を得るのには最も簡単な方法です。 各ポリエチレンは石油を元としたナフサを熱分解して得られるエチレンをラジカル重合して製造される。 ldpeの場合は高圧法にて重合される。 高圧法. 3. 反応制御.  どの結合の結合次数と結合の強さでしょうか? どういったレベルの話でしょうか? 『最近、化学を勉強し始めました。』との事から,勝手に「炭素・窒素間の結合」についての「初歩的レベルの話」と考えましたが・・・。 エチレンからポリエチレンが出来る「化学反応式」を探したのですが…上手く探せず…どう書くか教えてください。 また,ハイブリッド材料だとか,コンポジット(あるいはナノコンポジット)なんて用語もよく聞きますが,これらの正確な定義もよく判らず,混乱しています. ハイブリッドは,異種混合というコンセプトですが,分野によっていろいろな材料があります.みんなで勝手に「これがハイブリッド!」って定義しちゃってます.具体的には,以下のものなど・・・ endobj エマルション重合は、水層でラジカルを発生させモノマーミセルの中にラジカルが飛び込んだときに重合が開始します。次のラジカルが水層から飛び込んでこない限り、停止反応は起こりません。 ○樹脂の...続きを読む, 粘度から分子量を求めることが出来る理由または原理が分かりません。どなたか分かる方、力になってもらえたらうれしいです。お願いします。, 大学で使われる教科書には必ず乗っていると思います。高分子の極限粘度と分子量には[極限粘度]=K×[分子量]a乗(K、aはポリマーハンドブックなど一般のポリマーについては文献値があります。)が成り立つからなのですが・・・・。 ポリエチレンは、エチレンを重合させた高分子化合物であり、炭素と水素のみからなる脂肪族炭化水素と呼ばれ、重合方法や高分子鎖の枝分かれの仕方により、性質が変わります。 2.ポリエチレンの性質. エチレンを中心に、さまざまな分子が置換したものならば、ラジカル重合により合成することができます。. 2 0 obj *Sn2反応* 主に、硬い/柔らかいの差がある・LDPEが相対的に安いというのが モノマーは、まず置換数により分類することができます。. <>>> お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。.  合格者は、卒業(生成物)。 ここでモノマーからポリマーができる反応を「重合」と呼びます。 ○ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)と炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の交互積層材料 使い分けの差異です。 … > CNとCNカチオン、CNアニオンの結合次数を求めていますが、使用しているテキストには等核二原子分子しか記載されておらず、異核二原子分子は記載されていません。今求めています。  次に,『試薬の求核性』です。上記した様に Sn1 反応の律速段階はカルボカチオンができる段階であり,求核試薬はこの段階には関与しません。そのため,試薬の求核性は Sn1 反応にはあまり影響しません(重要でない)。一方,Sn2 反応では遷移状態の形成に求核試薬が関与しますので,遷移状態が出来やすい(試薬の求核性が高い)程反応は速くなります(試薬の求核性が重要)。結果,試薬の求核性が高い程 Sn2 反応で進行しやすくなります。 よく、理解できないでおります。 基本的には、置換体が立体障害の原因となり、置換数が増えると重合がしにくくなる傾向にあります。. 4 0 obj *Sn1反応* ル重合が進行するため、二置換体よりも転化率の上昇はやや早く、ラジカル重合を起こすと反応生成物はゲルを生じ るので、二置換体と比較すると明らかにゲル分率の上昇が早くなっていると考えられる。 … リビングラジカル重合のようなドーマント種とアクティブ種を交換し合う、イモータル重合となります。 環状アミン 環状アミンを重合させるときは、 塩基性、求核性が強いのでカチオン開環重合 で進みま …  極限粘度とは数個の濃度の違う高分子溶液の粘度を求めて、これを0に補外した濃度0の点の高分子溶液の粘度です(これも教科書に書かれています。補外の仕方にはいろいろありますが、近似式が直線だとした場合は切片です。)濃度0の時の高分子溶液の粘度??と思われるかも...続きを読む, 吸光度の単位は何でしょうか!? 本稿では,古典的なラジカル重合から近年の精密制 御ラジカル重合の進展まで,ラジカル重合における基 礎的な内容を概説する。 2.モノマー ラジカル重合は,反応性の高い活性種を反応中間体 として,多様なビニル化合物の重合を可能とする。共 連鎖移動が起こると、そこで生長が止まってしまうので、分子量は低下します。 したがって、ポリ○○○とは何らかの分子(単量体…ポリマーに対してモノマーという)が沢山合体して重くなった分子であるといえます。 ここで、その二重結合が切れ、他の原子などが結合する反応を「付加反応」と呼びます。 お願い致します。, こんばんは。有機分野はいろいろと覚えないとならないし大変ですよね。  さて,先の不対電子が存在する炭素の sp 軌道は電子を1個受け入れる事が可能です。ここに電子を受け入れた場合 +(-1) = -1 で「-」になります。これが「CN-」です。「-」電荷は炭素上にありますので「-CN」と書く方がより正確なのは先の「+CN」の場合と同じです。 製法.   endobj したがって、ポリ○○○とは何らかの分子(単量体…ポリマーに対してモノマーという)が沢山合体して重くなった分子であるといえます。 モノマー及び重合法(a) スチレン(カチオン重合)、エチレン(ラジカル重合)、プロピレン(配位重合)、α-シアノアクリル酸エチル(アニオン重合) 語句(b) 瞬間接着剤、インダン環、イソタクチックITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に皆さんのお悩み・疑問をコミュニティで解決。  この不対電子が存在する炭素の sp 軌道の電子を取り除いてやれば電子(負電荷)が1個減りますから -(-1) = +1 で「+」になります。これが「CN+」ですが,「+」電荷は炭素原子上にありますので「+CN」と書く方が正確です。 以上のことを踏まえると化学反応式は次のようになるかと思います。 [中間体]・・・・・3級>2級>1級>メチル 参考URLに、大変面白い例が載っていました。 ハイブリッドは,異種混合というコンセプトですが,分野によっていろいろな材料があります.みんなで勝手に「これがハイブリッド!」って定義しちゃってます.具体的には,以下のものなど・・・  『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。  等核2原子分子でも異核2原子分子でも考え方は同じはずです。同じ様に考えれば良いと思います。 3 0 obj 第2節 ラジカル重合における反応制御. テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、分からないため、それらの結合次数が求められません。 求め方は違うのでしょうか? ポリマー(重合体)というところからきています。 通報する.  まず,炭素及び窒素原子の電子配置は,炭素:1s(↑↓), sp(↑), sp(↑), py(↑), pz(↑),窒素:1s(↑↓), sp(↑↓), sp(↑), py(↑), pz(↑) となっています。 意識的に連鎖移動剤は使っていないときには、連鎖移動反応は、生長反応や停止反応に比べ、活性化エネルギーが高いので、低い温度で重合を行うほど、生長反応が優先し、分子量は高くなります。 [反応条件]・・・・中性~塩基性 ・・・などです.正確な定義はないと思います. ポリエチレンとはエチレンのポリマー(重合体)である。 もっと簡単に言うと、エチレンがいっぱいくっついたものです。 ポリマー、つまり高分子化合物は現在世界で1億トン以上日本では1300万トン以上作られ、その中でもポリエチレンは20%以上を占めている。 <>/XObject<>/ExtGState<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 595.32 841.92] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> エチレンをラジカル重合させると、枝分かれが多く結晶性の低い低密度ポリエチレン (ldpe) が生成する。 一方で、 ツィーグラー・ナッタ触媒 (Ziegler-Natta catalyst)を用いると、枝分かれが少なく、結晶性の高い高密度ポリエチレン (HDPE) が得られる。 ここでモノマーからポリマーができる反応を「重合」と呼びます。 よって、高分子量にするためにはモノマー濃度を高くして、ラジカル濃度が低い状態で重合することです。 1 0 obj 一部で塩ビ安全説は根強いですが、一般的な観念として「塩ビ=恐い」 私は専門家ではないので上手く伝えれるか心配ですが、説明してみます。 分子量を高くしたい場合は、生長速度を速くして、停止速度を遅くしなければなりません。生長反応が100回起こる間に1回の停止反応が起こってしまうよりも1回の停止反応が起こるまでに生長反応が1000回起こる方が、高分子量のポリマーが生じるはずです。 4. ラジカル重合の重合方法による分類. nCH2=CH2  →  {CH2-CH2}n (n任意数) 3 f)一およびノル握換フェニルビニルケトンとスチレンとのラジカル共重合 65 ンを生成した。そこで酢酸カリウムと15分闘反応し,直ちに反応物をクロPホルムで抽患し, 抽出液を炭酸水素ナトリウム水溶液で洗浄した。 [反応条件]・・・・中性~酸性 高分子中にラジカル(2)が 生成する(開始反応)と これらラジカルは酸化され((4)式),生 成したペル オキシラジカル(3)がpeか らさらに水素を引き 抜いて,(4)を 生成し,同 時に(2)を 生成する((5) 式).こ の反応が繰り返される(成長反応)の で, とりあえず,そんなとこで., アロイとブレンドは同じものと考えていいと思います. のようにかけると思います。 何となく高圧下では高密度ポリエチレンが得られるような気するのですが・・・。どなたか教えて頂ければ幸いです。, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, 数平均重合度はなぜ、(反応前の分子の数)/(反応後の分子の数)でもとまるんですか? 反応後の分子の数, 高分子化学の分野の質問です。 %PDF-1.5 高密度ポリエチレン(hdpe)は、エチレンをチーグラー触媒を用いて重合させることにより、製造したポリエチレンです。 密度が 0.95g~/cm2と高く、乳白色で剛性のあるポリエチレンです。 分子鎖の枝分かれが少なく、結晶性が高いです。 まず、HDPE/LDPEの具体的な用途については下記URLをご参照下さい。 一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。  また、エチレン(C2H4)はアルケンの代表選手といってもいいと思いますが、不飽和結合であり、エチレンの場合でしたら二重結合が1個あります。 3.1 不均一系によるラジカル重合. ��������G��A�NC�J��oƮ{��w�����I�?����|x���+�k6���s�w���tI��7�^>�n��}OO�/��� �`�����w2hL� ����0��E���.   ・エチレン(ラジカル重合)-枝分かれ構造-過酸化物 ・プロピレン(配位重合)-イソタクチックポリマー-メタロセン ・α-シアノアクリル酸エチル(アニオン重合)-瞬間接着剤-水 と思いますが、語句が違ってるような気もします。 解答お願いします。 投稿日時 - 2010-03-01 22:10:31. 文献「エチレンのラジカル重合における長鎖分岐の解析法」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。 高圧法は99.9%に精製したエチレンに酸素や過酸化物を添加し、200~300℃環境下で1,000~3,000気圧をかけてラジカル重合によって製造する。 高圧法で製造されたポリエチレンは、長鎖分岐のある低密度ポリエチレン(ldpe)が得られる。  このような性質のある不飽和化合物の不飽和結合が付加反応を繰り返しながら重合することを「付加重合」と呼びます。 リビングラジカル重合というだけで、必ずしも高分子量物が得られるとは限りません。むしろ比較的分子量の低いものを作るのに適していると思います。分子量分布の制御にはよいと思います。, ラジカル重合では、生長反応速度はラジカルとモノマーが反応するのですから、モノマー濃度とラジカル濃度の積に比例します。停止反応はラジカル同士が反応する2分子停止を考えると、ラジカル濃度の2乗に比例します。 共重合で2種類の単量体が付加重合している時、その2種類は必ず交互に重合していますか. 結局ポリエチレンはエチレン分子を...続きを読む, ごみ袋などビニールに使われる専門用語です。